労働時間

労働時間とは労働者が企業の下で労働する時間となり法定労働時間や所定労働時間などがあります。
 

法定労働時間は労働基準法で定められた労働時間となり1日8時間・週40時間が上限です。
労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩が義務付けられています。

また休日に関しても毎週1日以上もしくは4週間を通じて4日以上の休日を与えることなどが労働基準法で定められています。

 

所定労働時間は企業と労働者との間で定める労働時間で法定労働時間を超えて就業規則等で定めることは出来ません。
あくまでも法定労働時間内で定められます。

 

残業や割増賃金等の計算でも法定・所定労働時間の決まりが使用され例え残業を行ったとしても法定労働時間内であれば割増賃金が不要となるケースもあります。

悩まずに早く相談し、今のストレスから解放されましょう。

お問い合わせはこちら