労働基準法

労働者が働く上で最低限守られるべき条件を定めた法律です。
労働関係の当事者は最低限のルールである労働基準法を遵守することを求められます。

 

労働基準法では労働者の国籍、身分などを理由に差別を行ってはならない均等待遇や男女で賃金差別をしない男女同一賃金の原則、賃金や労働時間、就業規則など労働に関する幅広いルールが定められています。
 

使用者と労働者の間で自由に労働条件の取り決めを行った場合に使用者の方が有利であるケースが多いため最低限守るべき条件として労働基準法があります。
労働契約を結んだ際に労働基準法に満たない条件で労働契約を結んだとしても契約自体が無効になり使用者は相応の罰則を負います。

 

昨今の状況に合わせて育休や看護・介護休暇の見直し、同一労働・同一賃金の中小企業適用など改正があるため
人事労務に詳しい社会保険労務士に日頃から相談して企業と従業員双方にとって良い職場作りを実現しましょう。

悩まずに早く相談し、今のストレスから解放されましょう。

お問い合わせはこちら