労働安全衛生法

労働者の安全や衛生について定めた法律です。

使用者が労働災害防止のため最低限守るべきルールを定めていたり労働者が安全で快適に働けるような職場環境の整備や企業の規模によっては産業医の配置を行うこと、衛生委員会の設置、衛生管理者、健康診断の実施などが求められます。

 

元々は労働基準法の一部として定められていましたが、労働災害が増加したことから労働基準法から分離独立して労働安全衛生法が制定されました。
 

健康経営が重視される現代では労働者の安全や衛生に気を配り職場の安全、衛生面を向上させることは企業と労働者の双方にとってメリットがあり
人口減少時代で生産性向上が必須だからこそ労働安全衛生法を基に一人ひとりを大切にすることがより重要視されています。

悩まずに早く相談し、今のストレスから解放されましょう。

お問い合わせはこちら