雇用保険法

労働者が失業した場合などに失業給付の支給や雇用安定を図るための就職を促進、失業の予防などを目的とした法律です。

企業は雇用保険法で定める被保険者を1人でも雇用していれば雇用保険の適用事業となり労働者は雇用保険の対象者となります。

 

企業は被保険者の労働者を雇用する際に雇用保険の加入手続きが必要ですが、加入手続きをせずに未加入のままなど違反行為を行うと罰金等が科せられます。
 

従業員に安心して働いてもらうためにも雇用保険の加入は大切です。
入退社時の雇用保険の手続きは面倒で手間がかかるからこそ手続きは専門家の社会保険労務士にまかせましょう。

悩まずに早く相談し、今のストレスから解放されましょう。

お問い合わせはこちら