コース別管理制度

コース別管理制度は主に民間企業が定める正社員の区分のことを表します。
企業によって名称は異なりますが、主に「総合職、専門職、一般職」などに分かれます。

 

総合職は将来的に管理職や企業の中核を担う人物を目指す区分で転勤もあることが一般的です。
専門職は資格やスキルなど高度な専門性が必要な区分です。
一般職は定型的業務や補助的業務を担当して、総合職と比べて転勤もないことが多いです。

 

一般職から総合職、総合職から一般職などコースを転換することをコース転換制度と言い
制度としてコース転換制度が存在するが、転換する条件に上司の推薦がいることや企業で前例がない場合など実際に有効活用されているケースは少ないのが現状です。

 

一昔前は男性は総合職、女性は一般職などが多く見られましたが、採用においてコース事に男女どちらかのみ応募可にすることは均等法違反となり、現在では一般職でも総合職と同じような仕事量や責任を負っているためコース別管理制度の見直しが求められています。

悩まずに早く相談し、今のストレスから解放されましょう。

お問い合わせはこちら