労務マガジン2022年5月号

お客様


いつも大変お世話になっております。

社労士法人サイドバイサイドの斉藤です。


今年4月に厚生労働省が助成金の情報を発表しました。

おすすめの助成金を下記にまとめます。ぜひご覧ください。


1.キャリアアップ助成金(正社員化コース)

<概要>

非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、

正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。


<対象>

有期雇用労働者等を正規雇用労働者に転換、

または直接雇用した場合に助成されます。


<支給額> 

アルバイトから正社員にすることで、

最大1人72万円。年間1440万(20名まで)


<期限>

転換後6か月分の給与を支払った翌日から起算して2か月以内に申請


2.働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)

<概要>

生産性を向上させ、時間外労働の削減、

年次有給休暇や特別休暇の促進に向けた

環境整備に取り組む中小企業事業主


<対象>

(1)労働者災害補償保険の適用事業主であること。

(2)交付申請時点で、

「成果目標」の設定に向けた条件を満たしていること。

(3)全ての対象事業場において、交付申請時点で、

   年5日の年次有給休暇の取得に向けて

   就業規則等を整備していること。


<支給額> 

取組の実施に要した経費の一部を、成果目標の達成状況に応じて支給します。

・成果目標達成時の上限額:100万円





<期限>

2022年11月30日(水)まで



3.65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)

<概要>

65歳以上への定年引上げ等の

取組みを実施した事業主に対して助成するもの


<対象>

労働協約または就業規則により

条件(添付資料参照)を満たす新しい制度を

令和4年4月1日以降に実施し、

就業規則を労働基準監督署へ届出た事業主 等


<支給額> 




<期限>

A~Dの措置の実施日の属する月の

翌月から起算して4か月以内の各月月初から5開庁日


※情報は2022年5月18日時点のものになります。


労務マガジン2022年5月号


社労士法人サイドバイサイド

斉藤 輝之